マンション経営を行なうには十分な準備をすることが必要

女性

不動産への投資

和室

空室のリスク

マンション経営を行う場合に注意しなければならないこととして空室対策があります。どんなに立派なマンションを購入しても、マンションへの入居者がいなければ収益を上げることはできません。通常のマンション経営は部屋単位で購入することが多いですので、必ずしも空室が発生するわけではありませんが、万が一空室が生じてしまうとまったく収益がないということも考えられます。そうならないためにも、事前に空室対策を含めて考えておくことが重要です。新築当初であれば空室が発生する可能性はあまりありませんし、仮に空室が生じても埋まるまでの期間はあまりかかりません。むしろ、老朽化してきた場合に、どのようにして空室を埋めるかが重要になります。

低金利時代の投資

マンション経営において、老朽化した物件を購入することはリスクがあります。その反面、資金が少なくて購入することができますので、失敗した場合のリスクが小さいということも言えます。老朽化した物件については、空室が生じた場合の対策が難しいので、そこを含めて検討することが重要です。場合によっては、人気設備を設置したり、家賃を引き下げるなどの工夫も必要になります。マンション経営は不動産投資として行うわけですから、十分に収益率がなければなりません。追加の設備投資にしても家賃の引き下げにしても、収益率が下がりますので注意が必要です。ただ、金利が低い現在においては、金融機関に預け入れても金利はたかが知れていますので、マンション経営の人気は高まっています。