マンション経営を行なうには十分な準備をすることが必要

女性

相続問題でお悩みの方へ

女の人

相続税と不動産投資

少子高齢化が進む日本では、社会保障費の増加を避けることができないという問題があります。そのため、税と社会保障の一体改革が進められており、その中で相続税制ついても見直しが行われました。具体的には以前と比べて大幅に基礎控除の額が削減され、相続税の納税対象となる世帯にとっては大幅に増税となる制度改正がされました。そのため、一定の不動産を所有している世帯にあっては以前にもまして早めに相続対策をすることが重要になってきています。相続対策としては、以前からマンション経営などの不動産投資が節税効果のある手法として知られています。マンション経営には初期投資として高額の費用が必要になることから借入金などで相続財産を圧縮でき、後々は家賃収入という形で比較的安定した収益が見込めるというメリットがあります。

不動産投資の注意点

しかし、マンション経営を行うにあたって注意すべき点もいくつかあります。今後、人口減少社会を迎える日本にあっては、立地場所によっては将来的に十分な借り手が確保できないリスクが高まるという点も指摘されています。また、地震大国の日本にあっては、地震により建物が損傷するといったリスクも少なからずあります。マンション経営を始めるにあたっては、目先の節税効果だけを優先するのではなく、将来的な経営リスクも考慮したうえで検討することが重要になります。マンション経営は自分の代だけで終わるわけでなく次の世代に経営を引き継ぐ可能性も高いため、自分だけで判断せずに家族とじっくり相談をすることも大切であるといわれています。